昨夜は東京湾花火大会が開催され、多くの方がお出かけになったようです。
店主なかむらも、山手線の車内やホームで色とりどりの浴衣レディーをお見かけして、とてもハッピーな気持ちになりました。
中には、モノトーンの浴衣と帯を粋に着こなしている女性もいて、皆さん「浴衣遊び」がお上手になってきたな~という印象でした。

ただ一点、残念なことが‥
それは、「多くの方の衿が、うなじにピッタリくっついていた」ということ。
洋服感覚で着ると、どうしてもこの点が忘れがちになってしまうのですが、ココは大切です。

衿を抜く
写真のように、拳ひとつ分を開けると見栄えはとても綺麗になります。
「衿を抜く」というこの作業は、風通しを良くして着物(浴衣)を涼しく着ることが出来る利点もあります。
昔の人の知恵は素晴らしい!
さあ、次の花火大会は、17日(土)の神宮外苑です。
皆さん、「衿を抜いて」お出かけください♪

そして、今日ご紹介するのは‥
三勝浴衣2-1
三勝さんの注染浴衣・第2弾。
ピンクと紫の花が、上品で可愛らしくデザインされています。
日本の伝統工芸である型染めを施したもので、価値あるひと品です。

三勝浴衣2-3
染めも縫製も日本国内というこだわり‥
淡いグラデーションが品の良さを感じますよね。

三勝浴衣2-4

三勝浴衣2-5
帯は、少し大人の香りを出してみようと、えんじと黒のストライプを選んでみました。

三勝浴衣2-2
究極の「おとな可愛さ」で、暑~い暑~い夏を楽しんでみてはいかがでしょう。

浴衣(三勝)⇒¥39,900
帯(HANAE MORI)⇒¥9,450

きもの屋ゆめこもん@吉祥寺
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-16
TEL:0422-41-0321
shopmap-1024x952