昨年の着物サローネで出逢った「三河木綿」。
素朴さと美しさを兼ね備えた絶妙の風合いに目を奪われました。
すっかり虜になった店主が愛知県西尾市を訪れたのは、今年の1月22日のこと。
三河木綿の名プロデューサー・柴川義英さん(あづまや呉服店)に直接お会いして、「ゆめこもん」で扱わせていただくお願いをしてきました。
三河木綿サンプル2
そして、待ちに待ったサンプルが出来上がり、吉祥寺に届いたのです。
その数、13枚!
サンプルと言っても、1枚が約2m40cmありますので、肩にかけて仕立てあがった着物をイメージすることが出来ます。
どれも魅力的で、甲乙つけがたいですね~
三河木綿サンプル3
絣糸のような複雑な色が表現できる秘密は‥
2本の糸を合わせて、さらにもう一回合わせる「合糸(ごうし)」で織り上げているからだそうです。
さらに「シルケット加工」が施されているので、絹糸のような光沢感が出ています。
そして、「ドビー織」と言われる変わり織りなので、シワになりにくいという特徴があります。
(なんだかイイことだらけ♪)

ちなみに店主なかむら、一番手前のブルーを選んで一枚お仕立てをお願いしてあります。
この着物に、遊び心が入った角帯を締めて楽しむつもり‥
ああ~完成が待ち遠しい~~~!
三河木綿サンプル1
ちょっとオトナのお洒落を三河木綿で!
13種類の生地を、心ゆくまでお試しください。

反物価格=¥35,000(税別)

カジュアル着物『吉祥寺 ゆめこもん』
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-16
TEL:0422-41-0321
吉祥寺駅から徒歩3分 ※水曜定休日
map