着物を楽しむためのイベントをガンガン提案したい店主・なかどんです。
本日は5月27日(日)に開催した「着物を楽しむバスツアー to 熱海」の一日をお伝えしましょう。

貸し切りバスに乗ってのお出かけ・・店主としては初めての企画です。

電車より時間はかかるけれど他人に気兼ねする必要はなく、移動車内はまさに独り占めの世界!
これは、着物ファンのための「オトナの遠足」なんです。

午前7時、新宿西口をスタート。
21人の参加者は子供に帰ったような表情でワクワク・ドキドキ。
期待感を膨らませます。

首都高から東名高速、小田原厚木道路を経て伊豆半島へ。
出発から2時間後の午前9時・・熱海に到着しました。

最初に訪ねたのは、熱海の三大別荘と謳われる「起雲閣」
数々の文豪や著名人が時を過ごしたステキな空間です。

今回は施設の一室をお借りして「着付けルーム」として使用させていただくことができました。

出発が早朝でしたので
「とりあえず熱海までは洋服で。着物は現地で」
と希望される方には嬉しい計らいでした。

海運王・内田信也により、大正8年に建てられた「麒麟」と呼ばれる一室。
整えられた庭園を眺めると豊かな気分に浸れます。

一方こちらは鉄道王・根津嘉一郎により、昭和7年に建てられた洋館です。
まるで時が止まったように美しくたたずんでいます。

日本の建築的特徴に、中国や英国などの様式を取り入れた独特のたたずまい・・
贅沢の極みという雰囲気が漂っています。

天窓の光を浴びながら、美しい着物姿が並びました。
レトロな空間に和装・・本当に絵になる組み合わせですよね。

熱海と言えば「金色夜叉」
その作者・尾崎紅葉が宿泊したとされる一室です。

美しい庭園を眺めながら、小説家はどんな想いでペンを走らせたのでしょうか。

「暗しとは 柳にうきな あさみどり  紅葉」

窓に書かれた彼の句から想像できますか?

起雲閣の見学を終え、街へ出発。
この日は「あたみ着物まち歩き」というイベントが開催されていて、市内・市外から多くの着物ファンが集まっていました。

私たちバスツアー組も一緒になって街歩きを楽しむことに♪
このあと、総勢50人ほどの集団に膨れ上がりましたよー。

訪れたのは「熱海芸妓見番所歌舞練場」。
今回のメインイベント、現役の芸妓さんたちによる踊りの見物です。

ナマ歌・ナマ演奏でナマ踊りの40分・・
ひと昔前の「ライブショー」はなかなか見ごたえがありましたよ。

本番は撮影禁止でしたが、舞台が終わって全員で集合写真をぱちり☆
圧巻の一枚です。

お腹も減ってお楽しみのランチです~

地元の人からおススメされて、人気のカジュアルフレンチのお店を予約しました。
「ソレイアード」
オシャレでとっても雰囲気の良いお店は、本日私たちで貸し切りです。

まずは全員そろって・・カンパ~イ♪
最初の一杯は、サービスしていただきましたー♡

オードブル ⇒メインディッシュ ⇒デザート ⇒コーヒー・紅茶

地元の食材をふんだんに使った料理は、どれも抜群の美味しさです。

こんがり焼いたフランスパンは食べ放題!
お腹も満たされ、幸せいっぱいのランチタイムでした。

食後は地元のガイドさんたちが街を案内してくれる「着物まち歩きタイム」
グループに分かれて見どころを練り歩きました。

大火でも焼け残った「羊羹屋」さん。
「周囲の人たちが必死で火から守ったんです」とガイドさんから聞かされ、歴史の重みを感じました。

とある神社での一枚。
画面に向かって一番右の男性が永田さんです。
「あたみ着物まち歩き」イベントの実行委員長をされていて、私たちバスツアー組の手配にもご尽力いただきました。

実は、店主とは前職の番組制作で同じ仕事をした仲間なんです。
こうして着物のイベントでも手を組むことになるなんて想像もしていなかったわけで・・
縁というのは面白いものですね。

参加された方たちのコーディネートにも注目です。

上品なシルクもあれば、カジュアルなデニム着物もあり・・
あ、ひでや工房の新作ペーズリーもあるぞ♪

お気に入りの一枚をそれぞれが自由に楽しまれている光景が、店主には嬉しく映ります。

ちょっとレトロな路地裏を歩くのもイイ感じ。

昭和の姿がそのまま残る アノ喫茶店に入りたかったけれど、この日はお休み・・
う~ん、残念。

路地を抜けると、花々に覆われた小川の辺に到着。
見事な色彩に目を奪われます。

この景色が誕生したのは、ある大社長が寄付をした数億円のおかげなんだとか。
この街には豪快な偉人が数多くいらっしゃるんですね~

そうそう、こちらのお嬢さんは今回お世話になった旅行会社の若き社員さん。
「着物と起雲閣に興味があって」と参加されましたが、着物は持っていないとのこと。

そこで、ゆめこもんからイベント用に用意した一式をレンタルして差し上げました。
レース風のコットン着物・・かわいいコーデでよくお似合いです。

この体験で着物に対する興味がより大きくなってくれたら嬉しいですね。

さあ、街歩きのゴールは・・
ご存知「寛一お宮」の像!

やはり締めくくりは、この二人の前で・・ね。
(あ、お宮さんが見えない・・笑)

こちらのチームは、目いっぱい歩いた疲れも見せず
最後の力を振り絞って・・
「はい、寛一&お宮さん!」

お疲れさまでした。

「一日ってこんなに短いんだ」と感じた熱海ツアー。
まだまだ見たいところ、味わいたいモノがたくさんありましたが
心から楽しめた「オトナの遠足」だったと思います。

☆参加してくださった皆さま・・
☆現地で迎えてくださった「あたみ着物まち歩き」のスタッフの皆さま・・
☆ツアーのサポートをしてくださった「さくらツーリスト」の皆さま・・
☆バス運転手の小杉さん・・(写真撮り忘れた・・ゴメンナサイ)

関わってくださったすべての皆さまに、心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

<追記>
この日の様子が、地元の静岡新聞の記事になりました。
写真を見ると・・
バスツアーのレディーがずら~り♪
良い記念になりましたね。

———————————-

ゆめこもんでは、これからも「着物を楽しむ○○ツアー」を企画していきたいと考えています。
皆さんの声も参考にしていきたいと思っていますので、アイデアがありましたら遠慮なくお知らせください。
お待ちしています。

次は・・・秋かな?

————————————
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540
E-mail:shop@yumecomon.com