今日は少し長めの旅日記をご紹介しましょう。

ゆめこもんがお仕立てをお願いしている縫製工場。
それは、日本海にほど近い新潟県の新発田市にあります。

「どんなところ」で、「どんな人たち」が作業をしているのか・・
ちょっと興味ありませんか?
a-%e7%89%b9%e6%80%a5%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%bb
9月28日。
打ち合わせも兼ねて工場へ伺うことになりました。
まずは上越新幹線で新潟まで。
そこから特急「いなほ」に乗り換えます。

b-%e8%bb%8a%e7%aa%93%e3%83%bb%e5%88%87%e7%ac%a6%e8%be%bc%e3%81%bf
新潟を出ると新発田までは21分。

c-%e8%bb%8a%e7%aa%93%e3%83%bb%e7%94%b0%e5%9c%92
稲刈りを終えた田園風景を眺めながら、越後平野をひた走ります。

d-%e6%96%b0%e7%99%ba%e7%94%b0%e9%a7%85
新発田の駅前は、静かで落ち着いた空気が流れていました。

e-%e5%a4%96%e6%99%af
目指す縫製工場は、新発田駅のすぐ裏手にあります。
この建物は本部で、辺りに別棟が点々と連なっています。
「地場を支える大きな産業」と言っても過言ではありません。

f-%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%a0%b4%e5%85%a8%e6%99%af
社内に入って驚くのは、圧倒的な女性の数。
その数90人弱だとか!

そして男性は社長と社長付きの2人だけ。
本当に興味深い会社です。

g-%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%a0%b4%e3%83%a8%e3%83%aa
工場内は、作業内容によっていくつものエリアに分かれています。
「袷の着物」「襦袢」「コート・羽織」など・・
皆さん、慣れた手つきで黙々と作業をされています。

j-%e6%b9%af%e3%81%ae%e3%81%97
早くから機械を取り入れて効率化を図ってきたとのこと。
こちらは「湯のし」のマシーンです。

k-%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%89%e5%8a%a0%e5%b7%a5
そして こちらはガード加工のマシーン。
むらなく液をかけることで、理想的な撥水効果が得られます。

l-pc%e6%89%93%e3%81%a4
生地の裁断もハイテク化されています。

m-pc%e7%94%bb%e9%9d%a2
寸法のデータをPCに打ち込むと・・

n-%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%a9%9f%e6%a2%b0
マシーンが自動的に図面を計算し・・

o-%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0up
裁断する主要なポイントにマークを付けていきます。

p-%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%b7%a1
あとは、このマークに従ってハサミでチョキチョキすれば、寸分狂わぬ裁断が出来るわけです。

q-%e6%9c%80%e6%96%b0%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3pc%e6%89%93%e3%81%a4
しかし、驚くのはまだ早い!
今年5月・・さらに進化したマシーンが導入されたのです。

r-%e6%9c%80%e6%96%b0pc%e6%89%8b%e5%85%83
パソコン上で、仕立てに必要な生地の部位を並べていきます。
ペンで部位を動かすことで、生地を無駄にすることなくビッシリと埋めていきます。

s-%e6%8a%95%e5%86%99
出来上がったデータは、このカメラで実際の生地の上に投映されます。

t-%e6%8a%95%e5%86%99%e7%9b%a4
投映された画像は、まさに実寸。
マシーンの盤には小さな穴がいくつも空いていて、強力な風で吸い込むことで生地を密着、固定させています。

u-%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95
あとは、スタッフがスイッチを入れるだけ。

v-%e5%85%89%e7%b7%9a
赤い光の部分が投映されたラインを追いながら
超高速で生地をカットしていきます。
本当に「あっ」という間!しかも正確に!
驚きです。

h-%e3%83%9f%e3%82%b7%e3%83%b3%e7%b8%ab%e3%81%84
しかし、すべてがハイテクマシーン任せというわけではありません。
裁断された生地は、熟練の腕によってはじめて完璧なモノになるのです。

i-%e3%83%9f%e3%82%b7%e3%83%b3%e7%b8%ab%e3%81%84%e6%89%8b%e5%85%83
妥協を許さない縫い人さんたちは、今日も真剣なまなざしで生地と向き合っています。

w-%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e5%a0%b4
ワザと科学がバランスよくミックスされることで
「早く」「正確に」「美しい」商品が生み出されます。

あなたの大切な一品も、彼女たちに任せてみてはいかがでしょうか?

————————————————————–
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@吉祥寺
〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-16-102
TEL:0422-41-0321
E-mail:shop@yumecomon.com