すっかりキモノファッションの楽しさにハマった常連のhisaクン。
革帯作家としてもお馴染みの彼が行きついた先は・・
ゆめこもんおススメの「素材持ち込み」でした。

この日 完成したのは 彼の身体を包む「ロング羽織」。
日暮里の繊維街でゲットした生地が、最高の一枚に化けたのです。

素材は「モヘア」。アンゴラヤギから刈られる毛です。
hisaクン・・イイものに目を付けましたね。

モヘアはウール(羊の毛)とは違い、肌触りが滑らかでチクチクしません。

最大の特徴は、保温性は高いのに、驚くほど軽いこと。

これには 生地を持ち込んだ本人もビックリ!
ロングサイズのこの生地の量でも、「めっちゃ軽いです!」と信じられない様子でした。

オーダーメイドですからワガママは言ったもの勝ち。
左右両サイドにポケットを付けてもらいました。
大きなスマホもすっぽり収まります。

さらにこだわったのは「裏地」です。
おお~! この色・・このデザイン・・サイコーです!

今回 hisaクンが選んだのは、高級スーツの裏地に使われる「キュプラ」。

その特徴は、柔らかくしなやかでドレープ性があること。
しかも静電気が起きにくいので、乾燥した冬用の裏地としては最適なのです。

実はhisaクン、日暮里では気に入った生地が見つからず、
「素敵なキュプラはないか?」とネットを探しまくりました。

ヒットしたのは大阪の生地屋さん。
そこには 高級スーツを手がけるテーラーさん向けの裏地がズラリと並んでいました。

その中から選んだのが シックで品格のあるこのデザイン。
光の当たり具合で色合いが変化する美しさはたまりません♡

満足感に溢れるhisaクン・・
これで寒い冬が楽しくなりそうですね

表地も裏地も こだわり抜いた羽織ですが
かかった費用を計算すると かなりお得だったといえるでしょう。


「自分のファッションを 自分で創る」
それは人が感じられる最高の喜びのひとつだと思います。

暮らしの中に、そんな豊かさが欲しいという方がいらっしゃれば
一度「ゆめこもん」への階段を登ってみてください。
(少々息は切れますが・・)

—————————————————————————–
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540 E-mail:shop@yumecomon.com