かわいい美大生は「ひでや工房」がお好き♡

この春、東京のM美術大学に入学した2人の女子大生がいます。

お互いに面識はありませんが、2人とも「入学祝いは着物がイイ」と思ったそうで・・
10代の女性にそう思ってもらえるのは、店主から見ればまさに「希望の光」
これほど嬉しいことはありません。

最初に来店されたのはこちらの美大生さん。

同伴されたお母さんは「ゆめこもん」の常連さんで、俳句の先生をされています。
(店主も一度、YouTubeで教えていただきました)

彼女が学ぶのは「絵画」
着物を選ぶ目線も、自然と「デザインの豊かさ」がポイントになるようです。

最初に気になったのが体にかけたこの生地。
ひでや工房の「油絵風」です。

やはり・・・
そうだよね・・・
絵画を学ぶ美大生だもんね・・・

こんなタッチのデザインは、和装の世界では見当たりませんからね。
納得です。

でも、最終的に彼女が選んだのはコチラでした。

やはり「ひでや工房」の作品。(←もはや美術品の扱い:笑)

井上英也さんが大きな花火をイメージしたデザインです。

彼女がどうしてこの着物を選んだのか・・
後日、お母さんからメッセージが届きました。

美大生 曰く…
「自分の顔は派手だから、明度と彩度が高くて白黒にした時にハッキリする柄が良かった」
だそうです。

う~~~ん、深い・・・

白黒にしてみれば分かるだろうか?

やってみた。

なるほど!
モノトーンでこのデザインを見ても、十分アート性を感じますね。
「絵になる!」という印象です。

さすが、芸術家の卵は感覚が違いますね。
果たして、英也さんはそこまで意識してデザインしたのでしょうか?(笑)

それからしばらくして、もう一人の美大生さんが来店されました。
こちらもお母さんと一緒に。

実は店主がテレビ業界にいたころ、同じビデオ編集という仕事をやっていたのが彼女のお母さん。
30年前からの仕事仲間なのです。

娘さん…美大に合格すると「大学に着物を着て通いたい」と言い出したようです。
お母さんは「着物のことは何も分からないから、昔なじみの私(店主)に相談しよう」と思い、来店されました。

店内に入るや、美大生のハートをいきなり掴んだのが、たまたまトルソーが着ていた「ペイズリー」
やはり「ひでや工房」の着物です。

カラフルで賑やかなデザイン。
フツーの人なら一瞬躊躇する着物かもしれません。
ところが、そこはM美術大学の美大生。

店主が他の着物を紹介するのを横に、彼女の視線は「ペイズリー」にくぎ付け。
もう離れません(笑)

そこまで惚れこまれたら、もうこれ以外に選択肢はありません。
ペイズリーに決定!!!

小柄な彼女に合うよう仕立て直しもして、この日お引渡し。
ついでに「着付けレッスン」も受けて帰られました。

このペイズリーを着て美大に通う姿を想像すると、店主もワクワクします。

もしキャンパス内で二人が出会ったら、きっと良いお友達になるでしょうね。

英也さん…可愛い若者たちに、ステキな夢をプレゼントしてあげられましたよ♪

———————————-
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540
E-mail:shop@yumecomon.com
———————————-

掲載商品のお問い合わせ ※下記コメントでもご質問を受けつけています

  • 着物をもっと自由に カジュアルに♪
    『きもの屋 ゆめこもん』@池袋

    〒171-0021
    東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
    TEL:03-5944-8540
    E-mail:shop@yumecomon.com

  • 【配送いたします】

    オンラインショップに掲載されていない商品でも「銀行振込」「代引き」でご自宅への配送も承ります。(1万円以上の商品は送料ゼロ)
    お電話かメールでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)