2018年の「ひでや工房」もワクワク商品がいっぱい♪

今日(15日)と明日(16日)・・
日本橋周辺では「夏物の発表会」があちこちで開催されています。

店主も数か所訪れてみました。
そして、あの方も京都からお越しになっているので、もちろん伺いましたよ~

お久しぶりです!
ひでや工房の井上英也さんです。
今年もよろしくお願い致します。

さてさて、2018年はどんなお品をご用意されるのでしょうか・・

ほお~ 矢羽根とは珍しい。
古典柄なのに、ひでやさんが取り入れると「新しさ」を感じます。

どちらも色使いがステキですね~

モノトーンも上品で、かつ可愛い!
これぞ「ひでやワールド」ですね。

そして、気になるメンズは・・

いいですわ~~~!!!
このグラデーションはたまりません!

他メーカーには無い「ひでやの男物」
ツボにはまる紳士が増殖することでしょうね。
(レディースも同じですが・・)

無地ベースに走る細~い縞。
この遠慮気味なラインが、オトナ的なアクセントなっています。

横糸に強い捻りをかけているので、深めのシボが現れています。
さらりとした清涼感は抜群です。

そして、やはり「色」が魅力的ですね。
幅は45cmもあるので、かなり大きな男性でもOKです。

英也さんのいつものこだわりは
「同じ生地をあらゆる商品に生かしていく」ということ。

ほら、角帯にも生かされていますよ。
「こういうカラーの帯が欲しかった」という男性も多いのでは?

あらあら、こじゃれたバッグにまで・・
でも、このショルダータイプは人気が出るのではないでしょうか?

今までの生地でも作っていました。
スマホと長財布はすっぽり入ります。
うん、やはりヒットの予感がしますよ~

いかがですか?
気になる商品が揃っているでしょ?
でも、今回ご紹介しているのは「ほんの一部」だけ。

そこで、例年どおり今年もやります。
ゆめこもんで「ひでやワールド」一挙公開!

その手触り・・その色使い・・その魅力を
アナタの体で感じてください。

「今年も行くでー!」
英也さんも意気込んでいらっしゃいます。

日程については改めてお知らせしますね。
お楽しみに~♪

————————————————
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540
E-mail:shop@yumecomon.com

掲載商品のお問い合わせ ※下記コメントでもご質問を受けつけています

  • 着物をもっと自由に カジュアルに♪
    『きもの屋 ゆめこもん』@池袋

    〒171-0021
    東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
    TEL:03-5944-8540
    E-mail:shop@yumecomon.com

  • 【配送いたします】

    オンラインショップに掲載されていない商品でも「銀行振込」「代引き」でご自宅への配送も承ります。(1万円以上の商品は送料ゼロ)
    お電話かメールでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)