相変わらず生地に飢えている店主です。
ドキッとするほど胸を打つ「布」はないか・・
そんな思いで毎年訪れるのが東京国際フォーラムで開催される「テキスタイル展」です。

会場はたくさんのアパレル関係者で大賑わい。
和系のブースも若干ありますが、見たところ9割以上が洋装関連でしょうか。
キモノの目線で洋服生地を見つめている人は ほとんどいません。

そんな中、ウロウロしていると・・

目を奪われたメンズのジャケット!
そこはジーンズの聖地、岡山県児島のブランドが出展するブースでした。

表面のシボ感が何とも言えない「味」を出していますよね~
そして、前開きのこのフォルム・・
袖丈さえ長めにすれば、このまま「羽織」としてもカッコイイじゃないですか♡

ポケットのエッジには、違うカラーのデニム生地が。
このアクセントもなかなかオシャレです♪

ご年配の担当者にお話を窺うと
「市松柄に織ったデニム生地に、ある加工をすると凹凸ができる」のだそうです。
「ある加工」・・そこがポイントなんですが(笑)

生地代+加工代は当然少しお高めになります。
でも「きっと欲しい人はいるだろうな~」と勝手な妄想がふつふつと・・
いや、イチバン欲しいのはこのワタシかも☆

とりあえず この生地も含め、サンプルをいくつか送ってもらうことにしました。
妄想が現実のものとなるか・・これからです。

ところで・・

まったくプライベートな話で大変恐縮なのですが・・

このたび店主は・・

銀座のミュージックバーで「ギターデビュー」しました♪
アハハ・・

と言っても素人に毛が生えたようなもの。
YouTubeの「中高年限定ギター講座」を見ながら2週間ほど練習しただけなんです(汗)
弾き方も指を上下に動かすだけ。
いわゆる「ジャガジャガ弾き」なんです。

でも、バックで演奏してくれたのは、プロもいらっしゃるお店常連の方々。
ハッキリ言って「無謀なチャレンジ」と言わざるを得ませんが、お客さんからは大きな拍手をいただきました。

人間・・「為せば成る!」です(笑)

ところで、演奏中にワタシが着ていた赤の陣羽織・・
実はこれも「テキスタイル展」で見つけた生地で仕立てたモノなんですよ。

(以前にもご紹介しましたが、改めて・・)

これを作っているのは、京都でレース生地を専門に扱っているメーカーさん。
そう・・この生地は「レース」なのです。

表面に光沢があって「レザー」にも見えますが、素材は「綿50%・化繊50%」
他にはない独特のデザインと、インパクトのあるカラーに一目惚れしちゃったわけです。

とは言え、仕立てに難しそうな特殊な生地。
これを見事に形にしてくださった新潟の縫製会社さんには大感謝です。

そして、そして!
同じ生地の色違い・・「濃いブルー」を使って、羽織&陣羽織を現在お仕立て中です。
こちらは完成次第、販売用として店頭に置くことにします。
ご興味のある方はお楽しみに~♪

———————————————————————-
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540 E-mail:shop@yumecomon.com