11月23日(土)。
勤労感謝の日は、冷たい雨が降り続く一日となりました。
ところが!
ここ府中の「kotocafe(コトカフェ)」は熱気がムンムン!
デニム着物に袖を通した人たちの笑い声が響いていました。

【Let’s!デニム着物 第2弾】
着物に縁のない人たちに向け、「もっと気軽に和のファッションを楽しもうよ」と呼びかけるイベントです。

今回もコーディネートのお手伝いは、スタイリストの「yokoさん」。
着付け師でもある彼女は、洋装のアイテムを上手に取り入れ、オシャレでカッコイイ和装コーデを作ってくれます。

今回、男性たちの注目を浴びたのが「革の帯」。
店主が以前から提案しているアイテムです。

デニム着物と革帯との相性はバツグン!
装着はぐるっと回して留めるだけ・・
洋服のベルトとまったく同じなので、一度使うともう止められません。(←店主のことです:笑)

そこで今回は、革帯の作り手「hisa」が参加してくれました。
独創的で大胆な発想からユニークでお洒落なな革帯を作り出し、その一部は「ゆめこもん」の店頭に並んでいます。

さらに、革製品の職人「河合昌宏さん」をゲストとしてお招きしました。
バッグや財布を手がける若き作家は、チャレンジ精神が旺盛。
店主がお願いすると「着物好きな人の声を吸いとって、帯作りに活かしたい」と、遠く日光から駆けつけてくれました。

「とりあえず手土産を」と、河合さんが急きょ作ってくれたのが「和テイストの革帯」。
漆を塗った革の真ん中に、袋帯を切り取った生地をはめ込んでいます。
なかなか渋くてイイじゃないですか~♡

それでは「革帯を締めた男衆」・・集合です!

おお~!いい景色ですね~
同じ革でもすべて「表情が違う」というおもしろさ。
奥が深いし、デザインもまだまだ広がる可能性を感じます。

さてさて、着付け作業も順調のようで・・

それでは、皆さんのステキなデニム着物コーデをご覧ください。

今回もプロのカメラマン「Xさん」に撮影をお願いしました。
参加された方々には、これらの画像をプレゼントしますネ♪

あら、サイコーのスマイル♪

今回のテーマは「メリー クリスマス」
ポストカードとしても使えますネ。

彼女にはもう一枚、別バージョンを。
めっちゃカッコいいですね~!

実は・・長身の彼女が着ているのはメンズの着物なんです。
おはしょりを作らず、対丈で着こなすスタイルもGOODです!

そして、帯は・・・
おっ! 河合さんが作った漆の革帯ではありませんか!

メンズの角帯として作ったモノが、こんな形で使われるとは。
しかも、あえて重なる部分を斜めに出してみる・・
想定外のコーディネートに、感服しました。

あぁ、癒されるファミリーショット。

坊やはこのキッズデニム着物が大変お気に入りだそうで♪
将来が楽しみです。

ママはブラックデニム。
「ピンクのステッチが可愛い♡」とご満悦でした。

イケてる男は羽織が似合う!
アートなデニム羽織・・迷彩柄の綿羽織・・
デニム着物は、(良い意味で)フツーじゃない羽織の方がオシャレ度がアップしますね。

これはスゴイ!
パーフェクトなブラックコーディネート!

モデル(?)は、kotocafe(コトカフェ)オーナーの「藤本玄太さん」です。
これで街を歩けば、100人中100人が振り向きますよ☆

ステキな写真、そしてステキな会場を提供してくださって本当にありがとうございました!


それでは、最後に・・・

デニム着物レディース!
皆さん、よくお似合いです。
楽しんでいただけましたか?

そして、世代を超えた男組!
絵になるね~♡
皆さん、イケメンスマイルをありがとうございました!

そして、最後の最後に・・

店主より・・
 皆さま、ステキなクリスマスを☆
アハハ♪ カッコつけ過ぎですね。

ということで、
「Let’s!デニム着物 第3弾」は年明け2月ごろの開催を予定しています。

★次はデニム着物でお散歩する?
★美味しいモノでも食べようか?
★いやいや、デニム着物で一杯やりましょう
などなど・・色々なアイデアが出ています。

ご興味のある方は、しっかりチェックしておいてくださいネ♪

———————————————————————–
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540 E-mail:shop@yumecomon.com