女子美術大学の学生さんから「卒業制作」の作品を預かりました。

手描きの型をシルクスクリーンで染めた力作。
オックスフォードの木綿は、全長6,5mにもなります。

店主なかどんに与えられたミッションは・・・
そう、今からこの生地で彼女の着物を仕立てるのです☆
(実際は和裁師さんのお仕事ですが・・w)

それにしても斬新なデザイン!
彼女に少しだけ解説してもらいました。すると・・

真ん中に蛇行するのは「川」。
その中を流れる花びらは「彼女自身」。

様々なことを経験しながら、
時には成長し、時には萎んでしまった「自分自身の半生をイメージした」と言います。

川の周囲にデザインされたカタチは、彼女が経験してきた「様々なコト」を表しているのでしょうね。

奥深いテーマ、そして細かな表現力。
「さすが美大生!」と、店主なかどん感心しきりでございます。

さてさて、果たしてどんな着物になるのでしょう?
常識では測れない挑戦にワクワクしている店主です。

仕立て上がりは、来年(2020年)1月中旬の予定です。
結果は改めてご報告しますので、お楽しみに~♪

————————————————————————–
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540 E-mail:shop@yumecomon.com