街へ繰り出せ♪「Let’s!デニム着物 第3弾」

2020年2月22日(土)
数字の「2」が並ぶこの日、東京・府中市で「Let’s!デニム着物 第3弾」を開催しました。

会場の「kotocafe」には、デニム着物に興味津々の男女が集結。
気になる着物を選んでは袖を通す・・そして別の一枚も・・
皆さん、着せ替え人形と化してワイワイと盛り上がりました。

皆さんのコーディネートをお手伝いしてくれたのは スタイリストのyokoさん。
振袖や訪問着の着付けもするプロの着付け師さんですが、カジュアルに着こなすファッションも積極的に提案する女性です。

参加者の皆さんには、あらかじめ「お気に入りの洋装アイテムを持ってきてください」と呼びかけていました。
それらのグッズとデニム着物をどう組み合わせるか・・
yokoさんと一緒に楽しく悩みましょう。

さてさて、参加者の皆さんのデニムファッションはいかに?

カフェの壁をバックに、プロのカメラマンさんがシャッターを押してくれましたよ♪

おお~ キマッテル!
ナイスミドルは3回連続してのご参加。皆勤賞です☆

いつも感心するのは、回を追うごとに進化していらっしゃること。
1回目にしてデニム着物を購入され、今回は職人に作ってもらった革の帯ベルトをつけていらっしゃいます。

赤いスカーフがポイント。
帽子に手をあてるポーズもモデル顔負けって感じですね♪

彼女が選んだのも同じく岡山デニム。
その帯に使ったのはラオスの伝統織物「パービアン」です。

現地ではフォーマルシーンの肩掛けに使うのですが、素敵なデザインはデニムコーデにもぴったり。
エキゾチックな装いとなりますね。

黒のクイックデニム着物にも挑戦。
【Black & Red】でまとめるクールさがイイですね~♪

丈の短い着物を選びスカートの裾を見せると、ドレッシーなデニムコーデとなります。


※新着のクイックデニム着物のブラックタイプは「公式オンラインショップ」で販売中です。

彼女は通常サイズのブラックデニムを選ばれました。
おはしょりを大きめに作って裾を上げ、カラフルなスカートをしっかり見せるコーデです。
オシャレであると同時に「動きやすい」というメリットもあるようです。

スラリと長身の彼は 岡山デニムに黒レースの陣羽織という組み合わせ。
かなり個性的なデザインの羽織ですが、デニムとの相性はバツグンです。

モ、モデルさんですか⁉
と思わせる彼のコーデは、抜染デニムと迷彩柄の羽織。

ちょっとヤンチャな組み合わせを、えんじの帯とシャツがビシッと絞めてくれています。

親子でデニム着物もほっこりしますね。

撮影では照れくさそうなお嬢さまでしたが
「パパ、この着物欲しい~」とおねだりしていたようですよ。
お父さま・・ぜひその夢を叶えて差し上げましょう(笑)

店主もついでに・・パチリ☆
この日は ボタンダウンのシャツにネクタイをしてみました。
帽子、ネクタイ、ベルト帯・・なんとなくブラウンを意識してみました(照れ笑)

以上、皆さんのデニムファッション・・いかがだったでしょうか?
洋装アイテムを上手に使うことで、デニム着物の楽しみ方が膨らむような気がしますよね。
読者の皆さんにとって少しでも参考になれば幸いです。

そして、そして・・
今回は着せ替えタイムだけでは終わりません。
お気に入りのデニムコーデで「街へ繰り出そう!」という流れに。
希望される方だけで外へ出てみました。

まずは会場近くの「大國魂神社」の前でパチリ♪

「なんだ?なんだ?」
街行く人たちの注目度も高く、デニマーたちにとっては楽しいお散歩です。

最後はクラフトビールが楽しめるお店へIN♪
様々な種類のビールを楽しみながら、会話に花が咲きます。
「はじめまして」の皆さんともすぐに打ち解けるのは「デニムパワー」のおかげでしょうか?

このイベントをいつも応援してくださるのが「藤本玄太さん」。
会場となるkotocafeのオーナーさんです。

実は2年前、デニム着物で街歩きをしていた店主を発見して声をかけてこられたのが出会い。
「なんですか!それ!」
「めっちゃカッコいいじゃないですか!」
「一緒になにかやりましょうよ!」
次々と熱い言葉、お誘いが・・
つまり、ナンパされたわけです(笑)

これからも府中という街をステージに、デニム着物を楽しんでもらう企画をぶつけていきましょう!
藤本さんと店主の想いは同じです。
どうぞご期待ください♪

はい、そんな感じで「Let’s!デニム着物 第3弾」も盛り上がりました。
参加されたみなさん・・本当にありがとうございました。

第4弾の予定が決まりましたら、またwebページとSNSでご案内します。
その日まで 皆さんのデニムコーデのイメージを膨らませておいてください。

See you next time♪

————————————
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540 E-mail:shop@yumecomon.com

掲載商品のお問い合わせ ※下記コメントでもご質問を受けつけています

  • 着物をもっと自由に カジュアルに♪
    『きもの屋 ゆめこもん』@池袋

    〒171-0021
    東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
    TEL:03-5944-8540
    E-mail:shop@yumecomon.com

  • 【配送いたします】

    オンラインショップに掲載されていない商品でも「銀行振込」「代引き」でご自宅への配送も承ります。(1万円以上の商品は送料ゼロ)
    お電話かメールでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)