ひでや工房のカワイイ「春きもの」がやってきた♪

バレンタインデーの2月14日。
東京はバカみたいにあったかいですね~
4月並みの気温だそうですよ。
すっかり「春」という空気の中、京都から届いた「春のきもの」をご紹介しましょう。

ひでや工房の個性的な木綿の着物です。

実は先日、久しぶりに京都を訪ね「ひでや工房」を覗いてきました。
英也さんは相変わらず創作意欲が旺盛で、「何か作らんと落ち着かん」と仰っていました。

その中で心を惹かれたのが私が着ている「ターコイズ&ブラック」のムラ染め着物。
この色合いがサイコーです。

で、「他にもなにかないかな~」とギャラリーの隅々を捜索していると・・
出てきました! 超カワイイ春の着物たち!

なかでも この「リボンきもの」は、他に類を見ない珍しい生地を使っています。
グレー地にカラフルな糸がクリクリっと現れて・・
めっちゃ可愛くないですか~?

「ひでや工房」の素材としては少し前の物になりますが、いつ見ても新鮮な気分にさせてくれます。

こちらはピンクと紫を基調にした「ジャガード織り」の着物。

一見すると単純な縞模様のようですが、
★紫の縦縞が途中でグラデーションになっていたり・・
★アクセントの細い線が斜めに走っていたり・・
ちょいちょい複雑なのです。

「そこらにあるモノは作らない」
英也さんのこだわりが随所に出ている着物たちです。

店主が工房で発掘した胸キュン着物は他にも何点かあります。
それはまた次の機会にご紹介しましょう。

そして、ワクワクする「お知らせ」を♪

この写真は、先日(2月8日)にお邪魔したときに撮った一枚です。

英也さん・・先月 77歳になられました。
18歳でこの世界に入ったそうなので、来年は「きもの業界歴60年」を迎えるわけです。
仕事人としての還暦かぁ・・偉大ですね~

店主なかどん・・この偉業に敬意を表して、井上英也さんの個展を企画することにしました。
「彼の着物に対する“遊び心”を 多くの人に知ってもらいたい」
願いはその一点です。

詳しいことが決まりましたら、改めてお知らせします。
どうぞお楽しみに~♪

———————————-
着物をもっと自由に カジュアルに♪
『きもの屋 ゆめこもん』@池袋
〒171-0021 東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
TEL:03-5944-8540 E-mail:shop@yumecomon.com

掲載商品のお問い合わせ ※下記コメントでもご質問を受けつけています

  • 着物をもっと自由に カジュアルに♪
    『きもの屋 ゆめこもん』@池袋

    〒171-0021
    東京都豊島区西池袋 5-1-10 第3矢島ビル3F
    TEL:03-5944-8540
    E-mail:shop@yumecomon.com

  • 【配送いたします】

    オンラインショップに掲載されていない商品でも「銀行振込」「代引き」でご自宅への配送も承ります。(1万円以上の商品は送料ゼロ)
    お電話かメールでお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)